Ticket is not available

Close
Event is FINISHED

トランスジェンダーの子どもたちの進路・就職 ー学校のその先を考えるー ミライロ堀川歩&DxP今井紀明トークイベント

Description
トランスジェンダーの子どもたちが、安心して社会に出ていくために、何ができるだろう?

私たちD×Pはトランスジェンダーの若者と出会う機会があります。進路や就職の相談を聞くなかで感じるのは、トランスジェンダーの子どもたちにとって「働く」イメージは持ちにくいということです。
2015年に文部科学省が性的マイノリティの子どもに配慮を求める通知※を出し、「学校にいる性的マイノリティの子どもたち」への対応が必要なことが広く周知されるようになりました。職場環境の改善も行われてきていますが、取り組みの多くは小・中学生・高校生と大学を卒業している大人を対象としたものとなっています。

性的マイノリティはそれぞれが多様な状況や課題があり、全体に共通する課題を考えると同時に、個別の課題に分けて考えていくことも必要です。
そこで今回は、さまざまな課題や悩みがある中でも、トランスジェンダーの子ども若者が進路・就職の際に感じやすい悩みや課題について焦点を当てたいと思います。

トランスジェンダーの人が進路や就職を考えるときには、たくさんのハードルがあります。外見と履歴書の性別欄に記入する性別や名前と異なっていることで不利にはたらくのではないか、と不安を覚える当事者が多くいます。実際に、トランスジェンダーであることを明かしたことで内定を取り消されたり、面接で性別に関する話題をしつこく聞かれた人もいます。いざ就職しても、望む性別で働けるかどうか相談し、社内で対応してもらえないと安心して働くことができません。

今回、自身もトランス男性であり、株式会社ミライロにて性的マイノリティの視点を活かした「バリアバリュー」な社会の実現に向けて、企業などを対象に研修やコンサルティングを行っている堀川歩さんと生きづらさを抱える高校生を中心に若者支援をしているD×P代表の今井で、「トランスジェンダーの子どもたちの進路・就職。学校のその先の未来」について、当事者や当事者の周りにいる友人・家族の方、また教育・医療・福祉などの支援者の方や企業の方など、様々な視点から、みなさんと一緒にテーマを掘り下げて考えていきたいと思います。
ぜひ、お越しください!

※:『性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について』文部科学省、平成27年4月
http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1357468.htm


■参加費
1,500円

■タイムライン
19:00~19:10 オープニング、アイスブレイク
19:10~19:25 D×P・ミライロ企業説明
19:25~20:05 トークセッション「トランスジェンダーの子どもたちの進路・就職」
20:05~20:20 質疑応答
20:20~20:25 クロージング
20:30     終了


団体説明


認定NPO法人DxP(ディーピー)
認定NPO法人D×P(ディーピー)は、通信・定時制高校の高校生に「つながる場」と卒業後の「いきるシゴト」を共につくるNPOです。通信・定時制高校で、社会人と高校生が対話しつながりをつくる授業「クレッシェンド」や、いごこちのよい場所を高校のなかにつくる居場所事業「いごこちかふぇ」、卒業後も高校生がいきるシゴトをつくってゆくための進路・就職相談や機会提供を行なっています。


登壇者



堀川歩|株式会社ミライロ人事部長
1990年大阪府出身。心は男・身体は女として生を授かる。幼少の頃から男の子が好むような服装や遊びを好んで育つ。高校卒業後は陸上自衛隊に入隊するが、性別の事が関与して条件付き採用に切り替わる。自衛隊任期満了後は世界一周の旅に出発。帰国後、LGBTの人々の総合サポート事業を個人で立ち上げる。現在は全国各地で多様な業種に向け講演や研修活動を行いながら、人事部長として採用・教育・労務の業務を通じて、ユニバーサルデザインな働き方ができる環境づくりに尽力している。2014年にNHK「多様性のある地域へ〜性的マイノリティの声を聞く〜」に出演、2016年に東京新聞・山口新聞・愛媛新聞などの地方紙に多数掲載される。


今井紀明|認定NPO法人D×P(ディーピー)理事長
1985年札幌生まれ。立命館アジア太平洋大学(APU)卒。
高校生のとき、イラクの子どもたちのために医療支援NGOを設立。その活動のために、当時、紛争地域だったイラクへ渡航。その際、現地の武装勢力に人質として拘束され、帰国後「自己責任」の言葉のもと、日本社会から大きなバッシングを受ける。結果、対人恐怖症になるも、大学進学後、友人らに支えられ復帰。偶然、通信制高校の先生から通信制高校の生徒が抱える課題に出会う。親や先生から否定された経験を持つ生徒たちと自身のバッシングされた経験が重なり、何かできないかと任意団体Dream Possibilityを設立。大阪の専門商社勤務を経て、2012年にNPO法人D×Pを設立。通信制高校の高校生向けのキャリア教育事業を関西で展開し、「ひとりひとりの若者が自分の未来に希望を持てる社会」を目指して行動している。


Tue Jul 16, 2019
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加チケット SOLD OUT ¥1,500
Venue Address
大阪市淀川区十三東1丁目17−13 水交ビル, 1F Japan
Organizer
認定NPO法人D×P
204 Followers